ブログネタ
●●●燃えろ!起業家!日本代表!!●●● に参加中!

あさりしめじ揚げ炊き込みご飯b

 

あさりとシメジと揚げの炊き込みご飯

大葉もいっしょ

 

もはや我が家の定番。

炊き込みご飯をつくるために、伊賀焼の専用土鍋を購入しましたから。

これが、美味しいんですよ。

 

出会ってよかった・・・

 

ビストロパパのおもてなしには、もう欠かせない一品です。

 

★パパレシピ

材料:

米(2合)

水(2合 360CC)

あさり(水煮缶詰 1缶 汁ごと全部)

シメジ(1パック)

油揚げ(1枚)

大葉(5枚)

 

A

 しょうゆ(小2)

 酒(大2)

 塩(小1)

 昆布(1枚)

 カツオだしのもと(少々)

 

バター

黒七味

 

作り方:

1・米を洗い、30分ほど浸しておく。油揚げは油抜きして1センチ幅に切る。大葉 は丸めて千切りに。シメジはいしづきをとってばらばらに。

2・鍋に、米+水を入れ、あさりは缶の汁ごと、しめじは全部、油揚げ全部入れ、混ぜる。

3・Aを加えてまぜ、上に昆布をのせ蓋をして強火にかける。沸騰したら弱火にして13分。とめて蒸らして15分で出来上がり。千切りにした大葉と一緒に底からかきまぜる。

4・茶碗にもったら、レンジで溶かしたバターを軽くかけて食べる。

*土鍋でできます。その場合は、穴にお箸さしてふさぎます。専用土鍋の場合は、添付の説明書をよく読んでその通りに炊いてください。

 

アト辛大人味:

・バターが最高

・黒七味も最高

 

コテツダイ(子手伝い):

・炊きたてを除く(わー!)

しめじとあさりの炊き込みご飯b


 

食卓に土鍋を移動させ、蓋をあける・・・

どきどき・・・

「わー!」

この歓声がいいですよね。

 

しめじあさり炊き込みご飯アップb


 

 

具がたっぷり!

ん〜 ブログ書いてて食べたい!

 

 

最近、炊き込みご飯の味がわかってきたようです。

それより、土鍋で炊くご飯が美味しいことを知ったようです。

炊きたては、ご飯だけで2膳ほど食べますから。

 

炊き方はこだわって損はありません。

必ず食卓を笑顔にしてくれますよ。

 

 

お世話になっています、

あきない総研吉田雅紀社長と、秘書の梯(かけはし)さんとの

パパエプロン3ショット!

あきない総研b

 


 

吉田さんは、紺の大

梯さんは、赤の小。(似合ってますね!)

いづれも完売の商品。

ぎりぎりで人気カラーをご購入いただきました。

ありがとうございます!

 

僕は、めったにない珍しい色、青ねずを着ています。

(なんか実演販売員みたいですが・・・)

 

吉田さんは、ばりばり料理される社長さんです。

買い物から準備から、調理から後片付けまで。

すばらしい!

これから経営者は、料理力がとても大切な気がします。

 

是非30年はつかってくださいね!

誠にありがとうございます!

 

 

あきない総研さんには、起業まもない個人や、会社にとって、

力強いサービスをたくさん展開されています。

中でも、汐留、横浜、大阪の3拠点を自由に使えるオフィスサービスは、

必要なファシリティーがすべて整い、かつ最高のパフォーマンスです。

Flap Stage

世の中の起業される方にとって、こんなに心強いサービスはないと思います。

中小企業から、個人起業からフリーランスまで、規模と予算にあった使い方ができます。

サービスを利用しながら、人脈もできる。

おススメです!

 

直接気軽にお問い合わせてもいいですし、

私にご連絡いただいても、ご紹介させていただきます。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴

 

〜日本を代表する起業支援一筋、吉田雅紀社長も選んだパパエプロン〜

一澤信三郎帆布×BistroPapa The Papa Apron   限定販売中

 

Bistro Papa Online Shop