ブログネタ
●●●燃えろ!起業家!日本代表!!●●● に参加中!

枝豆ハンバーグb

 

子手伝い満載!枝豆ハンバーグ

with桃太郎トマトの村「とまとけちゃっぷ」

 

お家ハンバーグはおいしいなぁ。

具のバリエーション×ソースのバリエーション

 

で、無限の新しい美味しさとの出会いがあります。

 

今日は、

 

枝豆(具)×おいしいけちゃっぷ(ソース)

 

の組み合わせを実施。

 

青森のお土産にもらった、とまとけちゃぷを使いたくて、

この日はハンバーグ!

 

そこには、味わったことがない、デリシャス・ワールドが!

 

★パパ料理

材料:

牛・豚合びき肉(400g)

塩(小1/2)

玉ねぎ(1/2個)

枝豆(冷凍枝豆使用 40粒ほど 数えたわけではないですが・・・)

 

A

 牛乳(70CC)

 白コショウ(少々)

 ナツメグ(少々)

 パン粉(1/2カップ)

 

サラダ油

オリーブオイル(大2)

 

ニンジン(付け合わせ野菜 好みの大きさに切り、軽く塩ふってレンジで4分チン)

ブロッコリー(付け合わせ野菜 洗って1口サイズにし、軽く塩ふってレンジで4分チン)

 

よもぎだ とまとけちゃっぷ

 

作り方:

1・ボウルに、ひき肉と塩をいれて最初によくもむ。玉ねぎはみじん切りにし、2分ほどレンジでチンし、ひき肉とよく混ぜる。枝豆も加えて混ぜる。

2・1にAを加えて粘り気がでるまで手でよくもむ。

3・手にサラダ油をつけて、食べる大きさのハンバーグのタネを手にとり、キャッチボールするようにタネを整えて、ラップをひいたうえに並べていく。

4・フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、十分熱くなったら、3のタネを中央をへこまして入れていく。中ぐらいをつくったので、5つぐらいまとめて焼く。

5・途中、フライパンをゆすって、ハンバーグの下に油がまんべんなくいくようにして焼き、時間に頼らず、フライ返しで裏をのぞき、いい焦げ目がついたら裏返す。

6・中火で2分ほど焼いたら、弱火にし蓋をして4分ほど蒸し焼きに。このときも、途中、フライパンをゆすったり、裏を確認して焼け具合を確認する。

7・焼けたらそのまま火をとめ、蓋をしたまま蒸らして肉汁を落ち着かせる。

8・あっためたお皿に、7のハンバーグをいれ、ケチャップをかけ、付け合わせ野菜を添えてできあがり。

 

あと辛大人味:

・「とまとけちゃっぷ」を楽しみましょう。

 

子手伝い:

・枝豆から豆をとる。

・ハンバーグをこねる。

・ハンバーグの形に整える。

 

 

ハンバーグは、子手伝い満載ですね。

ユリ蔵、マオ助、そろってやりました。

是非、週末父子でやってほしい一品です。

 

ハンバーグアップb


 

美味しそうでしょ!

この角度、枝豆見えないですね。

 

入っていると、食感がいいんですよ。

色合いも、栄養もいい!

 

そして、圧巻が、ケチャップ!

 

とまとケチャップb


 

こちら!

桃太郎トマトの村 よもぎだ とまとけちゃっぷ

 

青森県のお土産でいただきました。

 

甘い「とまとけちゃっぷ」です。

と、いうよりも市販のケチャップがすっぱすぎるのかな?

 

本来ソースはすべて手作り。

もともとの味を僕らは知らないですからね。

 

美味しくて、

「飲めるケチャップ」

です。

 

以前、

「飲めるドレッシング」

にも出会いましたが、

表現的にはそんな感じ。

 

もちろん、ゴクゴク飲まないですよ。

それぐらい、単品で味わえるとい表現です。

 

買ってきてくれた、ミッキーに感謝!

ありがとう!堪能しました!

 

パパ料理研究家 滝村雅晴