ブログネタ
パパの育児日記 に参加中!

ふわふわ卵かけごはんb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふわふわ卵かけごはん with 木の芽茶漬け

 

この食べ方は、ありですね。

 

手軽につくって食べる卵かけごはんを、

あえて手間をかけるという、この矛盾に愛を感じます。

 

ふわふわな白いのは、

白身を泡立ててメレンゲにしたもの。

 

★パパレシピ

材料:

卵(1個)

しょうゆ

昆布の佃煮

ご飯

 

作り方:

1・卵を割り、白身と黄身をわけ、白身だけボウルに移し替え、泡だて器でかき混ぜふわふわ状態にする。

2・ご飯に、ふわふわ白身をたらし、真ん中をくぼませ黄身を落とし、しょうゆを軽く回しがけ。昆布の佃煮をそえて出来上がり。

 

あと辛大人味:

・佃煮を、京佃煮に。山椒がきいてるところが大人味。

 

子手伝い:

・実は、子供たちに内緒で試作でつくりました。

 

いや、美味です。

卵かけごはん大好きで、

目的が、「いそぎ」でなければ、ありです。

 

実はこのアイデア、

僕のある意味師匠のような方から教わりました。

 

クッキングパパセレクション (KCデラックス)
クッキングパパセレクション (KCデラックス)
クチコミを見る

 

あの、クッキングパパです。

 

長寿人気漫画で、すでに100巻を超えました。

1000の作品の中から、漫画家である、うえやまとし先生が、

20作品を選びぬいたのが、セレクション本。

どれもこれも暖かすぎる感動のストーリーが満載です。

 

仕事でお会いした大先輩より、頂戴しました。

ありがとうございます。

 

この中に、アイデアいっぱいの卵かけごはんがでてくる作品があり、

さっそくチャレンジしてみました。

 

メレンゲ状jはかなり気合いりますよ。

 

 

うえやまとち先生が、記念すべき100巻のあと書きに

書いていらっしゃいました。

 

クッキングパパ 100 (100) (モーニングKC)
クッキングパパ 100 (100) (モーニングKC)
クチコミを見る

マンガを書いていることが、楽しくて、好きで好きで仕方がない。

 

100巻を超えてなお、そう思ってらっしゃるこの一言が、

とても心に響き、かつ嬉しく思いました。

 

僕も、性格的に長く続けるのが性にあっていて、

1985年のモーニングの読み切りで掲載されてから、24年たってなお、

 

「楽しくて、好きで好きでマンガを書いている」

 

生き方は、僕の理想でもあります。

もちろん、大変なこと、つらいこと、たくさんあるとは思います。

 

でも、「好き」ということは、それをすべて理解、超越したうえで、

「本当に好き」が存在すると思います。

 

クッキングパパのように、

ビストロパパも、楽しくて、好きで好きで、ずっと続けていきます。

 

いつか、うえやまとち先生とパパ料理談義ができるよう頑張ります。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴