ブログネタ
今日のごはん に参加中!

鶏ラーメンb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蒸し鶏ラーメン

 

この料理に出会ってよかった。

 

と、思えるぐらいつくってうれしかった一品。

ラーメンというより、

「蒸し鶏」

 

鶏もも肉を、蒸し器でしっかり蒸すことで、

鶏、汁が、いろんな料理に活躍できる素材に。

 

冷蔵庫で一晩ねかせば、これがまた次なる素材へ進化。

 

まずは、蒸し鶏でつくったラーメンからご紹介。

 

★パパレシピ

材料:

蒸し鶏

 鶏もも肉(2枚)

 塩(少々)

 酒(大1)

 ショウガ(スライスしたもの5枚)

 ネギ(青い部分2本)

 

ラーメンの具

 中華生めん(2玉 少し細め)

 蒸し鶏(1/2枚)

 ネギ(1/2本 白髪ネギに)

 酒(大4)

 ごま油(大1/2)

 塩(小1/2)

 粗挽きコショウ(少々)

 

スープの素

 蒸し鶏つくったときの汁(大4)

 鶏がらスープの素(小1)

 水(3カップ)

 

 

作り方:

<蒸し鶏>

1・蒸し器を用意。底に水をためる。耐熱容器か皿に、鶏モモを2枚皮面を上にし、酒、塩、をかけ、しょうが、ネギをのせ火にかけ、蒸気がでたら20分ほど蓋をして蒸す。

2・蒸しあがったら、火傷しないよう、汁をこぼさないよう取り出し、ラップをして一旦さます。

 

<ラーメン>

3・冷めた2を、手で裂く。(一晩冷蔵庫においたらなお美味しい)ネギを縦に補足刻み、白髪ネギをつくり水にさらす。

4・手でさいた鶏と、水をきった白髪ねぎと、ごま油を加えて和える。

5・鍋に水、蒸し汁、鶏ガラスープの素、酒、塩、粗挽きコショウをかけひと煮立ちさせてスープをつくる。

6・別の大きな鍋に水を沸騰させて、生めんを茹でる(表示時間どおりか、少し短め)。硬めでもすぐ伸びる。湯をきって、器に取り分ける。

7・6の器に、5のスープをかけ、4を上からのせて出来上がり。

 

 

あと辛大人味:

・粗挽きコショウをかける。

 

子手伝い:

・「ラーメン食べるひとー!」「はーい!」

・「おかわりー!」 ラーメン大人気。

 

美味しい。

この出汁がいい。

 

いろんな料理をしますが、

ラーメンは、自分でつくるより、

つくってもらったほうが、よけいに美味しいと思えるかも。

 

他の料理では、そんなに思わないのに、

なぜでしょう。

 

不思議です。

 

みんなのリクエストに応えて、翌朝も蒸し鶏ラーメンでした。

 

 

蒸し鶏ラーメンb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お家でラーメンいいですね。

 

 

「巣ごもり消費」

そんな言葉が、対昨年比の、

白物家電の出荷台数の発表で目にするようになりました。

 

好調なのが、

・大型冷蔵庫

・クッキングヒーター

・ホットプレート

いずれも、食にかかわるものですね。

 

家庭料理や、自炊を、

生活防衛、節約、倹約ととらえると、

とてももったいないと思います。

 

料理は、

 

「生きる喜び」

「家庭における最高のエンタテインメント」

 

是非、ポジティブな「巣ごもり食消費」を通して、

外に飛び出し、プロの味を満喫したり、

旅行をして地産地消を通して、

食天国日本を、みんなで楽しみましょう。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴