ブログネタ
ちょっとした一品 に参加中!

肉豆腐と黒薬味b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉豆腐と黒薬味

 

僕は、調味料好きです。

特に、料理ができてから加える調味料。

薬味とか、スパイスとか、たれとか。

 

そのチョイス次第で、劇的に味がかわることも。

ほんのちょっとだけど、舌がちゃんと反応し、

脳に刺激を伝えてくれます。

 

ママがつくった、肉豆腐に、黒薬味をかけて食べました。

この薬味を使いたくて・・・

 

★パパレシピ

材料:

肉豆腐

黒薬味

 

作り方:

1・出来上がってる肉豆腐を温め、器に盛り付け、黒薬味をかける

 

あと辛大人味:

・黒薬味をかける

 

 

これが、黒薬味。

 

黒薬味b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一休堂の黒薬味

 

 

黒薬味裏b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原材料は、

たかのつめ

山椒

ごま

おのみ(麻の実)

ゆず皮

青のり

 

です。

山椒と、黒ゴマの香りがポイントです。

 

先日、仕事で東京ミッドタウンにいったときに、

地下のスーパーの薬味コーナーにいって見つけました。

スーパー好きなんです。

 

京都では、

創業1706年(元録16年)の原了郭の黒七味が

一番の老舗で有名ですが、

一休堂さんの商品や、パッケージも、

京都に住んでいるとよく見かけた身近な商品です。

 

また、美味しい調味料の話や、

実際にそのものをもらったりすると、

美味しさにたどりつくには、

料理をつくらないといけません。

 

 

薬味を紹介したついでに、

薬味への想いをひとつ・・・

 

 

この調味料をつかいたい・・・

そのために料理し、ゴールにたどり着く。

そこに、感動と喜びがあり、

幸せと豊かさにつながっていく・・・

 

ぐらい、あとからつけたす味、

「あとつけ味」

は重要です。

 

世界中で、その文化はあるでしょうね。

研究していきたいと思います。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴