ブログネタ
お洒落・美味しいお店 に参加中!

ベーコンの牡蠣オイルと牡蠣だし醤油チャーハンb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベーコンの牡蠣オイルと牡蠣だししょうゆチャーハン

 

もちろん、週末土曜日の一品です。

やっぱり、チャーハンですね。

さて、今回は何が残っていたのか・・・

 

基本、メインの具があって、卵が1個あれば、

なんとかなります。

 

お米のストックは結構ありますから。

 

冷蔵庫には・・・

ベーコンですね。

 

牡蠣のオイル煮をつくったときの、

オイスターオイルが残っているので、

いい味付けになるでしょう。

 

 

★パパレシピ

材料:

ベーコン(4枚)

卵(1個)

ネギ(1/2本)

塩(ベトナム中南部ホンコイ村の天日塩田でじっくり時間をかけて結晶した天日塩)

粗挽きコショウ

オイスターオイル(大2)

牡蠣だし醤油(大1)

中華スープの素(小1/2)

ドライパセリ

ご飯(どんぶり1.5杯)

 

 

作り方:

1・ベーコンは、3センチ幅。ネギはみじん切り。卵は溶いておく。

2・牡蠣オイルをフライパンで熱したら、卵と、ほぼ同時にご飯を入れて混ぜ合わせながら炒める。

3・ベーコンと、ネギを加えて炒め、塩、粗挽きコショウで味付けをし炒め合わせ、牡蠣だし醤油をフライパン肌からまわしがけし、再び炒める。

4・味見をして、もう少し味付けをしたかったので、中華スープの素(ペースト状)を加えて、味を調えて完成。器にもりつけ、ドライパセリを振りかける。

 

あと辛大人味:

・ハバネロたっぷりの、島ラー油をかける。

 

子手伝い:

・器を、みんなの前に並べる。

・お茶がないと、猛烈に主張される。

 

だんだん、

「週に一度は、チャーハンつくって食べないといけない病」

になってきてるかも。

 

つくって、食べた飽きないですね。

 

 

以前、一緒に仕事をしていた女性が、

昨年独立起業し、

神保町に、素敵なカフェを出したというので、

遅ればせながら行ってきました。

 

神保町の夜カフェ「カフェ フルーク」

 

なんと、この界隈で、

月〜日でやっていて、

かつ、

23時までやっています。

 

早くお店がしまる界隈。

土日はお店があまりやっていない界隈。

 

で、とっても素敵な内装と演出。

そして、ビール好きな、

ホスピタリティーあふれる女性オーナーが、

皆様をもてなしてくれます。

 

いいお店つくったね。

素晴らしいです。

 

この日いただいたランチも、

里芋のゴマ味噌スープと、ラムの煮込みカレー(だったかな?ごめんなさい・・・)

とってもおいしかったです。

 

いいなぁ。

ビストロ・パパ プレゼンツ メニューも入れてもらおうかなぁ。

 

きっと、地元の人や、

仕事仲間、

そして一見さんにまで愛されるカフェになるでしょうね。

 

この店で、パパ達あつめて、

料理教室やイベントやってもいいなぁ。

 

これからもがんばってくださいね!

応援しています!

 

皆さん、お茶の水、神田、神保町界隈にお出かけされる方、

お仕事される方、

いいカフェですので、ぜひのぞいてみてください。

 

パパ料理研究家 滝村雅晴