ブログネタ
お料理しましょう♪楽しみましょう♪ に参加中!

マグロチャーハンb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マグロチャーハン

 

ちょっと贅沢なネーミングですが、

お刺身で残っていた、赤みのまぐろが、古くなったので、

もったいないから、炒めて具にしました。

 

毎日、毎日、チャーハンつくってるように見えますが、

土日の朝しかつくってませんから。

それも、冷蔵庫の残りもので。

 

クリスマスねたを先に紹介したかったため、

ブログで紹介しないといけない、チャーハンがまだあります・・・

1日1品1記事が、このブログのコンセプトなので、

2008年12月につくった料理は、来年も続きます。

 

★パパレシピ

材料:

まぐろ(赤み 5切れ 2センチ幅にきる)

しらす(残っていたもの)

卵(2個)

ネギ(1本 みじん切り)

サラダ油(大2)

粗引きコショウ

しょうゆ

ごま油(風味付け)

ごはん(どんぶり1.5杯ぐらい)

 

作り方:

1・フライパンにサラダ油を入れ強火で全体をあたためたら、溶いた卵を加え、さっとかき混ぜたら、熱々ご飯を加えて、へらでよく炒め合わせる。

2・ネギ、マグロ、シラスを加えていため合わせ、マグロの色がかわったら、塩、コショウで味付け。しょうゆをフライパン肌から回しがけしてさらに炒る。

3・ごま油を軽くたらし、再び炒めて出来上がり。

 

子手伝い:

・「ねぇ、おながすいたよー」「なんかつくってよー」 朝ブログを書いてて子供にせっつかれる。

・お腹がへったので、お菓子を食べ始める・・・

 

マグロチャーハンいけますね。

しらすの風味と一緒に、海系食材で統一したこともポイント。

わざわざ、チャーハンのために、マグロは買いませんが、

週末チャーハンは、ありものが鉄則。

ラッキーな残り物でした。

 

 

今年最後に紹介した料理がチャーハン。

パパ料理の代表、そして「おやじの味」の1つがチャーハンだと思います。

ちょっと、濃い目の味付け、

思いもよらない組み合わせから、ヒットチャーハンが生まれる喜び。

 

なにより、フライパンを気持ちよくふりながら、

ご飯が舞っているキッチンの風景は、

頼もしいパパにぴったり。

 

今年、ほんとうにたくさんのチャーハンをつくりましたが、

すべて違う味にチャレンジ。

 

ひょっとしたら、「おやじの味」は、

食べたかった懐かしい定番ではなく、

今日は、どんな味がでてくるのかな?

とわくわくして食べる、美味しいチャーハンの味のことかもしれません。

 

来年は家族、友人だけでなく、

たくさんのパパたちに料理の楽しさを伝え、つくり、一緒に食べて、

 

「パパが料理 家族が笑顔」

 

を、たくさんたくさんつくり、

どんな不況の世の中でも、

1つ1つの家族が豊かで、幸せになり、

いままでで一番「心が豊かになる年」

にしたいと思います。

 

2009年は、「パパ料理元年」

です。

 

 

今年1年、たくさんの方に

読んでいただき、

コメントいただき、

取材いただき、

誠にありがとうございました。

 

また、「パパ料理」について、

たくさんの人と熱く語ることができ、感謝しております。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

パパ料理研究家 滝村雅晴