ピーマンたっぷりチャーハン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーマンたっぷりチャーハン

 

冷蔵庫の残り食材でつくりました。

ピーマンが4つほどあったかな。

 

具は、

ピーマン

ベーコン

にんにく

えのき

 

たくさん、ピーマンあったけど、

ユリ蔵ちゃんと食べました。

食べそうな雰囲気のときに、

 

「おっ、ユリちゃん、ピーマン食べられるんやぁ!」

 

と褒めたら、

 

「ユリちゃん、これ食べられる!

 この大きいのはちょっと無理だけど」

 

と、小さめのピーマンは食べていました。

 

もともと好き嫌いがあまりないですが、

それでも子供。

 

自分を振返っても、苦手なものは食べていません。

けど、食べ物も、

褒められると食べるようになりますね。

 

いい感じ。

 

(大きくなって、ユリ蔵が、このブログを読んで、

 「え〜、パパそうだったんだ!」

 と言われることも楽しみのひとつですw)

 

付け合せの八丁味噌きしめん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

付け合せの、

八丁味噌きしめん汁

 

チャーハンと、濃い味噌汁はあう。

前の日が鍋だったので、

その残り汁をこして、出汁のベースにしました。

 

味噌煮込みうどんセットで食べた、「八丁味噌」がおいしくて、

さっそく我が家に登場。

これから活躍してくれそうです。

 

 

虚像の砦 (講談社文庫 ま 54-5)

真山仁の最新の文庫本。

「ハゲタカ」「ハゲタカ2」の著者で、僕はこれを読んで真山仁ファンに。

すごい迫力です。

 

虚像の砦は、

テレビ局/政治家/官僚/代理店による、

権力闘争、情報操作のフィクション小説。

 

ただ、真山仁作品は、リアリティーを持たせるため、

一部事実を盛り込みながら、かなりきわどい小説に完成させている。

 

企業小説系が好きな方は、

 

ハゲタカ(上) (講談社文庫)

ハゲタカ(下) (講談社文庫)

ハゲタカ2(上)

ハゲタカ2(下) (講談社文庫 ま 54-4)

含め、読んでみてください。