鶏のお雑煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のお雑煮、2品目です。

「白味噌系」の次は、「おすまし系」

 

柚子と焼きもちがはいった、鶏のお雑煮

 

とっても、シンプルですが、美味しい。

お正月でなくても、つくりたい一品。

 

つくり方:

・水(5カップ/1000cc/約5人分)に、昆布、花かつおで出汁ととる。これが全て。ここは、手を抜かないでつくる。

・鶏もも(200g/1口サイズに切る/お正月は雑煮用として切っているの売ってたので購入)を、ザルにいれ、一度熱湯を回しがけし、油を抜く。

・その後、出汁に加えて中火で煮る。煮立ったら、弱火にし、うすくちしょうゆ(小1/2)+塩(小1+1/2)+味の素(5ふり)を加え、味付け。

・うすくち醤油がない場合は、しょうゆでもOK。その場合は、小さじ1ぐらい入れる。(うすくちは、味が薄いのではなく、色がうすい。味は、普通の醤油よりも濃いので注意)

・三つ葉を、ざっくりきって、鍋に。さっとかき混ぜる。

・上記をやっている間、裏でもちを焼く。持ち焼きは、電子レンジのトースターモードで焼くのが安心。もちは、やっぱり生もちが一番。がんばって探す。正月は、年末早めに探せば、スーパーや、和菓子のお店で売っている。防腐剤が入っていないので、すぐかびる。ただ、すぐかびるものは、美味しい)

・焼きもちを、器に入れ、上から、出汁、鶏、三つ葉をすくって、かける。

・最後に、1つのお椀に、柚子の皮1枚入れて完成。

 

 

とっても、美味しいです。

 

特に、生もちを焼いて、お雑煮にいれたときの、ふわふわ、とろとろ感。

柚子の香りのおすましと、とてもあいます。

 

三つ葉や、柚子の香りも抜群。

シンプルですが、とっても美味しい、お雑煮。

ユリ蔵も、大きくなったので、お雑煮のおもちデビューだったかな。

自分で、ちゃんと、ゆっくり噛んで食べていました。

マオ助は、まだ汁と鶏だけね。

 

 

2008年のテーマを手帳に書きました。

 

 チャレンジ

 掃除・片付け

 

です。

そのテーマが、僕の生き方でもある、

 

ワーク(仕事/スキル)

ライフ(家庭/家族/趣味)

ソーシャル(社会/ボランティア)

 

の3つのバランスのそれぞれにある、具体的な目標や指針にあらわれていたり、かかっていたりします。

ワークライフバランスから、ワークライフ&ソーシャルバランスです。

 

 

チャレンジ・・・

は、何でもチャレンジではありません。

きちんと、自分の目指すべき方向や、道、やりたいことを実現するために、必要なものにチャレンジです。

「チャレンジ」する、という気持ち。改めて原点にもどって。

行くべき、先、山頂は見えています。

 

掃除・片付け・・・

家だけのことではありません。

会社内での、目に見えるもの以外に、仕事や、タスク、案件、プロジェクト等・・・きちんと、整理すべきもの、片付けるものはあります。

見えるもの、見えないもの、整理整頓、片付けを、その瞬間瞬間で行う、判断することで、様々なものが見えてきたり、シンプルになったりします。

 

そして、世の為、人の為になれる1年にしたいと思います。