白味噌雑煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お正月らしくなってきました。

僕は、京都生まれの京都育ち。

毎年実家の、園部で親戚一同集まってお正月を過ごしていました。

 

そのときに、毎年毎年、必ず定番ででてくるお雑煮。

 

白味噌のお雑煮

 

特につくり方を教わったわけではありませんが、

まったく同じ味になっています。

つくり方はいたって簡単。

 

つくり方:

・昆布とカツオで出汁をとる。

・その出汁に、白味噌(市販もので、スーパーで売っているものでOK)を溶かす。

・味は、結構濃いめ。濃いなあ、と思うぐらいでOK。

・もち(できれば、生もち。京都は丸もち)を食べる数だけいれて、煮詰める。

・おもちがやわらかくなってきたら出来上がり。ふやふや、とろとろになっても美味しい。

・器に盛り付け、上からかつお節(花カツオを手でつぶしてかければOK。そのほうが、パックのカツオ節より断然量も多くかけられ、お得)

 

 

これだけです。

ようは、出汁に、白味噌をとかし、おもちを入れて、カツオ節をかけるだけ。

非常にシンプルです。

 

昨年のお正月のブログ探しましたが、書いてないですね。

 

ビストロ・パパにとって、定番中の定番です。

おもちをつくればつくるほど、出汁もトロトロになってきて、

美味しいんですよ!

 

お持ちは、マオ助には早いですが、ユリ蔵は少しづつ、

食べても大丈夫そうやね。

汁が濃いから好きそう。

 

是非、お試しください!

 

※お節料理つくったので、明日から紹介します。