ドライバジル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理の味と見かけがぐっとかわる秘訣。

ドライバジル

を、ふりかける。

料理がおいしいのは当然ですが、

見た目で、

「おおおお!」

と、お店の雰囲気を漂わせるには、

ちょっとした小道具が必要。

 

そんな、小道具の1つが、

この

ドライバジル

や、

ドライパセリ

などの、振りかけモノ。

 

パスタの仕上げ、

スープの仕上げ、

に効果的。

 

特に、インスタントで、コーンポタージュなんかつくった時も、

最後に、ドライパセリなどさっと振り掛けるだけで、

見た目も、味も変わってきます。

 

いつも、フレッシュパセリを冷凍して、

こまめに切ってつくってたのですが、

ドライが便利!

 

色的にも重要ですよね。

「緑」がトッピングされるだけで、

トマト系料理も、赤+緑で抜群に!

お皿が、白の場合は、

赤、緑、白で、イタリアンカラーに。

 

 

最近、企業小説をよく読んでいます。

歴史小説が多かったのですが、

実際の都市や、会社、

主人公が住んでいる街がリアルにでてきて、

とても面白いです。

そんな中、抜群に面白かったのが、真山仁の「ハゲタカ」

ハゲタカ(上)
ハゲタカ(下)
ハゲタカ2(上)
ハゲタカ2(下)

現在、シリーズ1〜2まで、上下4冊文庫で出ています。

あっという間に読めました。

しかも、企業買収、防衛、再生の知識も得られるし、

交渉術から、会社とは・・・

まで、非常に納得させられる場面がずらり。

 

NHKでドラマ化されたということでの、緊急文庫化です。

ドラマも是非見たいと思っています。

 

山崎豊子

城山三郎

高杉良

真山仁

 

100年後になれば、今の企業小説も、

歴史物になっていくのでしょうね。

 

100年後、僕らの子供の子供達が、

ちゃんと読めている、未来をつくれるよう、

豊かな心と地球づくりをつづけ、考えたいと思います。