ハマグリの雑煮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひな祭だったので、

ひな祭らしい、お雑煮を。

ハマグリのお雑煮

 

ハマグリは、対になっていて、

必ず会うものが1つしかない・・・

だから、平安時代の貝の絵あわせで、

ハマグリを使って遊んでいたのも、

必ず1つだけ会うから。

 

そこで、いいご縁に恵まれますように・・・

という願いをこめて、はまぐり。

 

う〜ん、いいご縁に恵まれたほうがいいのですが、

そんなに積極的にまだ考えなくてもなあ・・・

と、密かに思ってるパパです。

 

作り方は、お正月につくった、鶏の雑煮をベース。

6人前ですが、

昆布かつおだしを6カップ。

塩(小1.5)を加え、味の素を6ふり。

薄口しょうゆを、12滴(どんなんや)

をベースに、ハマグリを煮ます。

 

別ラインで、もちを焼き、

ハマグリが煮えたら、三つ葉をざっくりきって、くわえ、

焼きもちを入れてください。

もちは焦げてると、雑煮がにごりますのでお気をつけて。

ひと煮したらできあがり!

 

超シンプルですがとってもおいしい!

味付けはもっと薄くてもOK!

はまぐりの味が思った以上にこくがあり、

しっかり味がついた雑煮でした。

 

ユリ蔵は、貝が大好き。

ハマグリ全部食べて、お汁も綺麗に飲みました。

いいご縁に恵まれますように・・・

う〜ん。