ザ・チャーハン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月のテーマは、「中華」。

初心に帰って、

チャーハン

をつくりました。

いろいろと研究した結果(パパ料理研究科なので・・・)、

柄の長い玉じゃくし

を買いましたw

パパ料理の掟として、高価な道具を買い揃えないこと・・・

というのがありますが、玉じゃくしはセーフにします。

柄が長い、が重要です。

 

さて、基本である、チャーハン。

今回は、今までの我流ではなく、研究結果ベストな作り方になりました!

具は、豚とピーマンと卵。

豚を2センチ、ピーマンを1センチぐらいにきざみ、卵(2個、塩少々)をといておく。

中華なべに、サラダ油(大3)を熱し、最初に卵を入れて、油をしみこんだら、豚と、ピーマンを入れて手早く炒める。

温かいご飯(茶わん三杯分ぐらい)を、鍋にいれ、塩(小1/2)、鶏がらスープの素(小1)、しょうゆ(大1/2、鍋肌から回しいれる)、こしょう(少々)を、加える。

ここから、玉じゃくしが活躍!

背のほうで、ご飯をたたくように、鍋全体を使って炒める。

貼り付けたものを、鍋をふってほぐし・・・を繰り返す。

で、いい感じになるまでしっかり炒めてできあがり!

お味は・・・

おっ!

中華料理屋さんのチャーハン!

あと、美味しいラーメン屋のチャーハン!

ちょっと、炊きたてご飯を使ったこともあり、パラっとしたチャーハンにならず、もっちりしましたが、十分うまかった!

ポイントは、最初に卵をタップリ油で炒めてから、ご飯をいためること。

それぞれのお家で好きな具があるでしょうから、是非定番チャーハンつくってくださいね!

ちなみに、料理に目覚める前に買った、中華鍋。

黒皮鉄中華鍋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無印良品の鍋。

まだ売っていました。

軽くて丈夫。

意外にお薦めかも。

秋は中華で攻めます!