ビストロパパ 〜パパ料理のススメ〜

滝村雅晴|MASAHARU TAKIMURA OFFICIAL BLOG
まったく料理も家事もしない男が長女の誕生をきっかけに料理するようになり、パパ料理研究家になったリアルストーリーブログ。人は変えられないけれど、自分を変えることはできるんですね。
毎週末、料理教室YouTuberとしてオンラインの料理塾の様子をライブ配信中。
食卓を囲む家族、日々考える、生き方、考え方、健康、仕事、いのち、共働き、ワークライフ&ソーシャルバランス、ライフスタイルについて記します。「家族で食卓を囲む回数は有限」と思って毎日楽しく家族でトモショクしています。自分で作るごはんが美味しい!
2021年3月19日で、15年間毎日連続ブログ達成。すべてに感謝、すべてにありがとう。毎日17時にブログ更新中。

September 2020

野菜豆腐鍋ゴボウ白菜水菜しめじ白ネギくずきり絹豆腐だけの鍋。出汁昆布と、塩、しょうゆ、酒を少し加えて。ポン酢と生卵のタレでいただきました。アト辛大人味は、かんずり。途中、冷凍うどん投入。体調整える鍋。季節的にも、これから増えそう。パパ料理研究家|ビストロ ...

パパさかな大使×カリフォルニアワイン協会 プレゼンツ『カリフォルニアワインマンス作戦2020』開始10月11日(日)16時〜10月24日(土)16時〜両日のオンライン料理教室参加者を募集します。抽選で、それぞれ6組ご参加いただけます。いずれも、カリフォルニアワ ...

まもなく告知します。カリフォルニアワイン協会さんとのオンライン料理教室企画。カリフォルニアワインと、ザクロ、黒イチジク、ブラータチーズ、EVオリーブオイルなどと、料理をして楽しんでもらいます。応募された方の中から抽選で当選した方に、カリフォルニアワインや、 ...

久しぶりのパパ子料理教室。宇都宮市まで遠征しました。コロナ対策をしながら、少ない人数ですが、実施することができました。生地から作るピザと、玉子チキンスープ。そして、バナナアイスクリーム。1テーブル、1家族(パパ子の2名)という、ソーシャルディスタンスでの調 ...

スピード茶わん蒸し先日のパパの料理塾オンラインで作りました。皆さん大成功。ライブ受講ではなく、YouTube受講された方も、上手に作られています。10分で出来るんですよ。フライパンを使って蒸します。何度か試作を繰り返し、簡単にできる方法もわかりました。もっと気軽 ...

抜群に美味しい、土鍋で炊いた炊き込みごはん先週の、パパの料理塾オンラインで作った一品。これは、美味しい。土鍋×具沢山 で炊くと最高です。土鍋で炊く鶏ときのこの炊き込みごはん材料:米・・・・・・3合(無洗米)水・・・・・・600ml鶏もも肉・・・・・・200gし ...

ある日の和食メニュー白菜と豚バラの煮もの材料:白菜・・・・・・1/4カット豚バラ・・・・・・200g油揚げ・・・・・・1枚A 水・・・・・・500CC うすくち醤油・・・・・・大さじ4 本みりん・・・・・・大さじ4 酒・・・・・・大さじ2 カツオ節・・・・・・少 ...

カリフォルニアワインと、カリフォルニアの食材を使った料理を企画撮影。黒いのは、ドライ黒イチジク。美味しいのです。赤いのはザクロ。我が家はもうスタジオ。レシピ考えて、料理作って、テーブルコーディネイトして、ライティングセットして、撮影する。全部やってます。 ...

ガーリックチキンソテー(1〜2人分|20分)材料:鶏もも肉・・・・・・1枚ピーマン・・・・・・1個シメジ・・・・・・1/4パックにんにく・・・・・・1かけバター・・・・・・大さじ1オリーブオイル・・・・・・大さじ1A 塩・・・・・・小さじ1/2 粗ひきこしょう・ ...

産経新聞連載 2020年9月17日(木)朝刊掲載パパ料理のススメ 感謝しながらサケを買うパパ料理研究家 滝村雅晴秋シャケが美味しい季節。シャケ好きにはうれしい季節。取ってくれた漁師さんから、直接買ってお金を支払う。そんな気持ちで買い物を楽しんでいます。人は、生き ...

ブラータチーズトースト材料:ブラータチーズ・・・・・・1個トースト・・・・・・1枚マヨネーズ・・・・・・適量トマトケチャップ・・・・・・適量粗挽きこしょう・・・・・・少々作り方:1・トーストに、マヨネーズと、トマトケチャップを、かけて、ブラータチーズをの ...

本枯節のカツオ節削って冷奴食べる。絹豆腐に、しょうがすりおろし、削りカツオ、出汁しょうゆをかけて食べる。なかなかの究極の冷奴。本枯節は、カネサ鰹節商店さん。西伊豆 カネサ鰹節商店 本枯節 本枯れ田子節 1本 200gカネサ鰹節商店ちょい手間かけて、美味しく食べる。 ...

愛媛県 第25回男女共同参画社会づくり推進県民大会2020年10月2日(金)13時30分〜15:35分愛媛県民文化会館 サブホール基調講演 カジダンの極意 〜楽しく食卓を囲むために、働き方を変える〜パパ料理研究家 滝村雅晴パネルトークテーマ:「コロナ期に ...

辛いキンピラゴボウ鷹の爪多め。斜め切りして千切りした、ごぼうを、フライパンでごま油で手早く炒める。鷹の爪加えて、しょうゆかけて、ごま入れて強めの中火で手早く炒める。シャキシャキ感が残るぐらいが大事。アツアツのきんぴらごぼうを、炊き立てごはんの上にのせて食 ...

チーズかけ、鶏とゴーヤのガーリックソテーこれも夏の一品。ゴーヤシリーズ。今回の素材は、鶏 × ゴーヤ × トマト★チーズたっぷり 鶏とゴーヤとトマトのガーリックソテー(3〜4人分|15分材料:鶏もも肉・・・・・・1枚(300g)ゴーヤ・・・・・・1本トマ ...

レッドカレーこのペーストで作りました。メープロイ カレースパイス レッドカレーペースト 50g×4袋セットメープロイイエロー、グリーン、レッドの3種類カレーペーストがあります。書いた順に辛い。このペーストで作るとかな?一般的には、グリーンが一番辛いみたいです ...

ナッツ入り イタリアンサラダバルサミコ酢はイタリア生まれ。イタリアンサラダの範囲がアバウトで、なんでもイタリアンサラダっぽいけれど、バルサミコ酢を使うと、イタリアンサラダ主張してもいい気がします。大好きなドレッシングの組み合わせです。★ありものでイタリア ...

焚火キャンプで、チーズフォンデュBLTサンドイッチ牛乳+白ワイン+ピザ用チーズを煮詰めて作ります。パンは、アルミホイルでくるんで焚火であぶります。朝のコーヒー飲みながら。西丹沢の大滝キャンプ場。月例キャンプになってきました。金曜日の午後に出発。土曜日の午前中 ...

大人になって、大好きになったゴーヤ。スーパーで、お値打ち品で売られる季節になってきたかなー季節の変わり目。秋の食材が出てくると、ゴーヤもまた来年ってことになるのかも。人は、新しいものを好む修正があるので、この夏ずっと見続けたゴーヤより、初入荷!秋の●●! ...

削りカツオたっぷりの小松菜のお浸しお浸しのグレードがアップ。パックのカツオ節とは、別の食材ですよね。削りたては。小松菜を塩ゆでして、絞り切って。ポン酢多めで、しょうゆも加えて。削りカツオバサッとかけて。すりごまも加えて。シンプルだけど贅沢なお浸しの完成。 ...

カツオ節たっぷり しおかつおチャーハン22というのは、1があったから。さらに進化しました。これ、美味しい。もっと、しおかつお、食べてもらいたいですね。その前に、西伊豆にまた行かないと。★しおかつおチャーハン2(3人分|15分)材料:温かいごはん・・・・・ ...

結構、ピリ辛料理です。子ども向けではありません。お家で辛い料理が食べたい方向け。辛すぎることもなく。僕は大好きな味ですが、コチジャンが辛いかな。そこを抑えれば、もっと食べやすいかと。お好みに合わせてどうぞ。分量が多いので、半量で作られるのがおすすめかな。 ...

味つけこんにゃく材料:こんにゃく・・・・・・2枚A みりん・・・・・・大さじ2 酒・・・・・・大さじ2 しょうゆ・・・・・・大さじ2 めんつゆ・・・・・・大さじ2(濃縮3倍) 出汁こんぶのもと・・・・・・1袋 鷹の爪・・・・・・輪切り少々  出汁昆布・・・ ...

しおかつおカプレーゼカツオがツナぐオンライン料理教室で作った、西伊豆町 × パパさかな大使 コラボ企画おすすめの一品。潮かつお半身 600g 伊豆 静岡 お土産 塩鰹 塩漬け おつまみ 珍味カネサ鰹節商店これで作ります。オンラインだからこそ、ビストロパパ・クッキング ...

唐揚げではなく、フライドチキン。1口サイズではなく、大きなチキンをガブリとかじるためには、とにかく鶏肉を常温にしておく必要があります。そうしないと中まで火が通らない。生だったら、電子レンジで加熱することで、リカバリーしましょう。お家でフライドチキン(5〜 ...

圧力鍋で、キャベツ1個まるまる煮込んで作ったスープ。キャベツスープ(5〜6人分|30分)材料:キャベツ・・・・・・1個玉ねぎ・・・・・・1個にんにく・・・・・・2かけソーセージ・・・・・・4本A 塩・・・・・・小さじ1 ブイヨン・・・・・・2個  ローレル ...

冷製トマトカッペリーニイタリアンのお店で食べて、あまりにも美味しくて家で再現。これが、家庭料理の楽しさ。お店では、甘ーい甘ーいトマトを使っていたのですが。スーパーで、甘い部類のものを見つけ購入。近い味になったかなー。細いカッペリーニ。うまい。★冷製トマト ...

採れたて、産直はやっぱり違う。ずば抜けて甘くてうまい。長野県佐久市の農家羽田さんからのとうもろこしが届きました。まいりました。甘くておいしくて。もったいないなんて思わず、どれだけ早く甘いうちに食べるかが、このとうもろこしのためか。そして、羽田さんへの感謝 ...

↑このページのトップヘ